ダサく見える婚約指輪の重ね付け|おしゃれに見えるコツやバランスを紹介

「指輪を重ね付けしてみたけど、ダサく見えない?」
「結婚指輪と婚約指輪の重ね付けはダサい??」

大事な指輪は、重ね付けしてもおしゃれなデザインから選びたいですよね。

重ね付けがおしゃれに見えるかどうかは、つける指や指輪のデザインのバランス次第で変わります。
この記事では、ダサく見えてしまう重ね付けや、おしゃれに見えるコツをわかりやすく解説します。

指輪の重ね付けを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ダサいかどうかはデザイン・つけ方のバランスで決まる

重ね付けする指輪のデザインや、どの指につけるか次第でダサく見えるかお洒落に見えるか変わります。
逆に、デザインのバランスがとれてないとダサく見えてしまいます。

気分が上がるならそれが正解
前提としておしゃれに絶対の正解はなく、自分が気に入って、気分が上がるならそれが正解です。
そもそも、周りの人はそこまで手元に注目していないことも多いので、お洒落を楽しむ気持ちも持ってくださいね。

重ね付けがダサく見える理由はこの2つ

指輪の重ね付けがダサく見える理由は、

  1. 色や素材の統一感がなくごちゃついて見える
  2. メリハリがついていない

の2つがあります。

このうち、メリハリをつけるのは上級者向けのテクニック。
まずはデザインの統一感を出すだけでグンとおしゃれに見えます。

色やデザインで統一感を出す

ダサく見える一番の原因は、統一感がないからです。

  • デザイン
  • 色(カラー)
  • 素材

の統一感を出すことで、ごちゃごちゃした印象をなくしスッキリした印象を出すことができます。
逆に、これさえ守っていれば、おしゃれな重ね付けに仕上がりますよ♪

統一感がないとごちゃついて見える


あまり悪い例として引用するのは申し訳ないのですが、このように3つ以上のデザインの指輪を重ね付けすると、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。

指輪の重ね付けは、2つまでがおしゃれに見えます。

色で統一感を出す

こちらの画像の重ね付けは、すっきりとした印象に見えますね。
リングの素材とカラーが統一されているので、全体がすっきりしておしゃれに見えます。

また、真ん中のリングだけデザインが違うのも良いアクセントになっています。

素材で統一感を出す

かなり極端ですが、わかりやすい例なので引用させていただきました。

こちらの画像ではカラーがすべて違いますが、素材が統一されているのでお洒落に見えます。

メリハリをつける

こちらはやや上級者向けのテクニックですが、同じデザインの指輪の場合、メリハリをつけないとちょっとだけダサく見えます。

単調すぎるとまとまり過ぎた印象に

なかなか良い画像がなかったのですが、こちらの画像では中指だけを第一関節にしてメリハリを出しています。

しかし、もしすべて第二関節だった場合、メリハリがなくまとまり過ぎた印象になったでしょう。

このように、統一感を出した上で一部分を「ハズす」のがメリハリをつけるテクニックです。

石の色や大きさでメリハリをつける

こちらの画像では、まずリングの色や素材で統一感を出しているのですっきりした印象に映ります。
さらに、上3つのこぶりな石がある上で大きめな石が2つがあるので、メリハリが効いておしゃれに見えます。

目立たせたい石の存在感をより高めるために、あえて小さめの石を重ね付けして強調しているんですね。

太さや指を変えてアクセントに

こちらの重ね付けでは、全体をゴールドの色で統一した上で、指輪の太さやつける数を非対称にしてアクセントをつけています。
どうしても太く見えがちな中指は、大きめなリングをつけると違和感がありません。

結婚指輪と婚約指輪重ね付けのポイント

最近は、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けがブームですよね。
婚約指輪と結婚指輪の重ね付けの場合は、同じ指に重ね付けするのが取り入れやすいです。

ブランドを合わせた方が統一感が出やすい

この投稿をInstagramで見る

 

miyuca(@mh__yak)がシェアした投稿


同じブランドだと、デザインや色味が自然と統一感が出るので、ブランドを統一させた方が重ね付けしやすいです。
1本では控えめな指輪も、2本重ねると存在感が増しグッとオシャレな印象になります。

ティファニーで結婚指輪と婚約指輪の重ね付け

ティファニーのハーモニーは、結婚指輪と婚約指輪の重ね付けがしやすいデザインです。
統一感が出るので、まったくダサく見えません。

カルティエで結婚指輪と婚約指輪の重ね付け

指輪 重ね付け
こちらは、カルティエのラブリングと1895ソリテールリングの重ね付け。
同じカルティエで統一されていて上品に見えるので、ダサさがありません。

シンプル+目立つものでバランスを


シンプルな結婚指輪の上に目立つ婚約指輪をすると、バランスが良いです。
もし重ね付けをして楽しみたい方は、結婚指輪も派手なものにせず、シンプルにした方がおさまりが良いでしょう。

色違いの指輪の重ね付けはデザインでバランスを

リングを重ね着けする指輪が2個までなら、色味の違いはそれほど気にしなくても問題はありません。
しかし、ボリュームのある指輪や3本以上の重ね着けの場合は、色を統一させるとバランス良く見えます。

(1本目と3本目でデザインを統一させている)

色違いの指輪の重ね付けでは、ブランドやデザインを統一するとバランスが取れます。
ゴールドとプラチナなど色味の違いがあっても、ブランドやデザインが揃っていればまとまった印象になります。

ファッションリングで色を揃えてオシャレな重ね付け

比較的安価に買えるファッションリングは、おしゃれな重ね付けに使える便利アイテム。
結婚指輪と色を合わせたファッションリングなら、デザインでメリハリがついて一気におしゃれ感がアップします。

👇
指輪重ねつけ ガールズチャンネル

統一感がない指輪は違う指に

もしも統一感のない指輪しかない場合は、つける指を離すことでごちゃついた印象を消すことができます。
付ける指の間隔を空けることによって、見た目にもすっきりとした抜け感が生まれます。

また、大きめの石がついている指輪に対して小さめの細いリングを用意するなど、目立たせたい部分をより強調する指輪を新たに買うのも手です。

まとめ

指輪の重ね付けはがダサく見えるかどうかは、

  1. 色やデザインが統一されているか
  2. メリハリがあるか

が重要です。

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けも、色やデザインが統一されていればおしゃれに見えます。

しかし、おしゃれに絶対の正解はないので、自分が身につけて気分があがるものを身につけるのが一番です。
いろいろと組み合わせを試してみて、お気に入りの重ね付けを楽しんでくださいね。

おすすめの記事