錆びない結婚指輪の素材とは?ブランドもあわせて紹介

結婚指輪は夫婦の結び目を象徴する大切なジュエリーです。
しかし、時間の経過と共に錆びることがあります。
本記事では、錆びない結婚指輪の素材について解説します。

結婚指輪における錆びない素材

錆びない結婚指輪の素材には、チタンやタングステンなどがあります。
これらの素材は、酸化しにくく耐久性が高いため、長期間つけっぱなしでも錆びにくいです。

また、ファッションリングにおいても、ステンレススチールやカーボンファイバーなどが変色しにくい素材として人気です。

結婚指輪における錆びない素材のブランド

錆びない結婚指輪の素材を使用したブランドには、日本ならBIJOUPIKO(ビジュピコ)や、海外ならTitanium Rings Studioなどがあります。
これらのブランドは、チタンやタングステンなどの錆びない素材を使用した結婚指輪を販売しています。

BIJOUPIKO(ビジュピコ)TITANIO

Titanium Rings Studio

結婚指輪の素材ランキング

結婚指輪の素材ランキングでは、プラチナ、ゴールド、チタンなどが上位にランクインしています。
プラチナは耐久性が高く美しい色を保ちやすいですが、高価です。
ゴールドは高価で耐久性が高いですが、色が変わることがあります。
チタンは安価で錆びにくいため、人気の素材です。

なお、シルバーも錆びることはありませんが、硫化という別の現象で変色しやすい金属です。

安い指輪が錆びやすい理由

安い指輪は、素材や加工によって耐久性が低いものがあります。
特に、銅や鋼(スチール)などの錆びやすい素材を使用した指輪は、長期間つけっぱなしで錆びやすくなります。
また、安価な指輪は、加工や仕上げが行き届いていないこともあり、錆びにくくなっていないこともあります。

まとめ

  • 錆びない結婚指輪の素材には、チタンやタングステンなどがあります。
  • 錆びない結婚指輪の素材を使用したブランドには、BIJOUPIKO(ビジュピコ)やTitanium Rings Studioなどがあります。
  • 結婚指輪の素材ランキングでは、プラチナ、ゴールド、チタンなどが上位にランクインしています。
  • プラチナは耐久性が高く美しい色を保ちやすいですが、高価です。
  • ゴールドは高価で耐久性が高いですが、色が変わることがあります。
  • チタンは安価で錆びにくいため、人気の素材です。
おすすめの記事