シンプルで地味すぎる結婚指輪で後悔!もっとキラキラさせておけばよかった

結婚指輪は一生身に着けるから、キラキラしたものよりもシンプルなものにしよう!
でも地味すぎて後悔しないかな?とご不安な方がいらっしゃいませんか?

この記事では、シンプルで地味すぎたと方の後悔した声や、逆にシンプルなデザインだからこそできる事をご紹介します。
シンプルにしようか悩んでいる方は決める前に別のデザインを検討することや、アレンジをするなど新しい行動を起こせます!

ディズニーデザインの指輪で後悔については、こちらの記事を参考にしてください。

地味・華やか|それぞれの後悔ポイント

シンプルな結婚指輪

実は結婚指輪はどんなデザインにしても後悔する方はいらっしゃいます。
地味デザイン・華やかデザインの後悔ポイントをまとめました。

地味な結婚指輪で後悔したこと

シンプルで地味なデザインの指輪にして後悔したことは

  • もっとキラキラしたデザインをつけたくなった
  • 地味すぎてデザインに飽きた
  • 周りに華やかデザインの指輪の人が多く、比べてしまう

という方が多い結果でした。

キラキラしたデザインにして後悔したこと

  • 若い時は似合うけど、年齢が上がるにつれ似合うか不安。
  • ダイヤモンドの留めている隙間が汚れる。
  • 子育てをする時に子供に傷をつけないか心配。

が多い結果でした。

石ありでちょっと後悔してます。
セミオーダーで、夫は石なし私は小粒のダイヤを入れたのですが‥
毎日つけるせいでゴミが入って‥爪楊枝で掃除しても隙間に入り込んだゴミは取れないし、メガネ用の超音波洗浄機にかけてみたりもしましたが‥
全く目立たない程度ではあるのですが、気になり出すととまらず。
結局、これ以上ゴミや傷がつくのは嫌なので毎日つけるのはやめました‥

地味な結婚指輪の方が後悔が少ない

シンプル・華やかのどちらが後悔が大きいのでしょうか?

2つの結果を見ると、シンプル指輪の方は指輪を外さないといけないほど、困る場面はありません。
しかし、華やかデザインにした方は、場面によっては指輪を外さないといけないいけません。

最後は本人の好みと直感ですが、ずっとつけっぱなしにできる地味なデザインの方が、長い目で見ると後悔は少ないようです。

結婚指輪なんてすぐ体の一部になっちゃって空気だよ
後悔も何もつけてることすら忘れてる

キラキラダイヤあり・ダイヤなしでの後悔については、こちらの記事も読んでみてください。

結婚指輪をシンプルデザインに選ぶメリット

シンプルな指輪には、華やかさをプラスできるというメリットがあります。

華やかなデザインの指輪は、2つ合わせると派手になりすぎてしまいます。
しかし、シンプルで地味な指輪はデザインのある指輪に合わせやすいのです。

結婚指輪は、付いているものを減らすことはできませんが、増やすことはできます。
5年後にダイヤモンドを減らしたいと思っても、減らすことはできません。
しかし、5年後にダイヤモンドを増やすことは可能なのです。

これが、シンプルリングを選ぶメリットです。

シンプル指輪のアレンジ方法

シンプル指輪を買おうとご検討されている方や、買われた方でも実践できる方法を4つご紹介いたします。

  1. 重ね付けを前提に指輪を選ぶ
  2. 別の指に華やかデザインの指輪をつける
  3. 将来アレンジすることを前提に指輪を探す
  4. 節目で指輪を買い替える

重ね付けを前提に指輪を選ぶ

指輪の重ね付け

1つ目は指輪を選ぶときに重ね付け前提で探すことです。

事前に重ね付けをしたい指輪がある場合は、その指輪を持って結婚指輪を選んでください。
結婚指輪を選んだ後に探す場合は、結婚指輪を指に着けている状態で探すといいでしょう。

重ね付けにルールはありませんので、好きなデザインの指輪を選んで頂いて大丈夫です。
ファッションリングを合わせる方も多くいらっしゃいます。
結婚指輪と素材を変える方もいらっしゃいますので、服装に合わせて指輪を変えるのも素敵です。

注意点は、2本目に指に入れる指輪が同じサイズだときつい場合があります。
1本目の指輪を付けていると指輪部分の肉が指輪の上に移動してしまうため、2本目の指輪が同じサイズだときつく感じることが多いことがあります。
必ず重ね付けの指輪を探すときは1本目の指輪をつけた状態でサイズを測りましょう。

別の指に華やかデザインの指輪をつける

指輪の重ね付け

2つ目は、手全体のバランスで華やかさを演出する方法です。
1つ目の方法は、結婚指輪と重ね付けする指輪のデザインを考えないといけませんが、この方法はどんなデザインの指輪でも試し頂けるのでお勧めです。
結婚指輪はシンプルに、おしゃれとして別の指に自分好みの華やかデザインの指輪をつけると手全体のバランスがよくなります。
指輪はつける指に意味があります。
左手の薬指は愛を深めるという意味、左手の人差し指は進むべき方向を示すという意味があります。
右手の指でも意味が違ってきますので、ぜひご自分の気に入った指に指輪をつけるのも良いでしょう。

将来アレンジすることを前提に指輪を探す

指輪を探すときに将来アレンジができるお店と指輪を選ぶことです。

オーダーメイドで作っている所や専門工房を持っているお店は、将来アレンジしたいことを伝えるとその指輪を提案してくれます。
10年後に彫り模様を加えたい・10年後の記念日にダイヤモンド10個つけたいなどの要望を伝えるとスムーズです。

アレンジはアイデア次第で様々です。
ぜひお2人だけのアレンジをしてください。

もし、お手持ちの結婚指輪でダイヤモンドを増やしたい・彫り模様を入れたいという方は、アレンジのできるお店で相談されるといいでしょう。

ただ、指輪によっては幅と厚みがないと追加加工ができない可能性があります。
彫り加工の場合はデザインによりますので一概には言えませんが、細すぎると彫り模様が見えづらいため、2.5mm以上の幅があると良いと言われています。

ダイヤモンド留める加工の場合は、購入時に華奢なリングを選ばれている方は難しい可能性があります。
ダイヤモンドを留める時に、土台の指輪が割れてしまう可能性があるからです。
厚みに関しては具体的な数字がないのですが、1.2mm幅の指輪は厚みがない場合があるのでお店で判断してもらった方がよいでしょう。

購入時にアレンジをしたい可能性がある場合は、必ずどんなアレンジをする可能性があるのかを伝え、幅や厚みをお店の方に確認すると安心です。

節目で指輪を買い替える

4つ目は10年や20年の節目で指輪を買い替えようと事前に決めて探す場合です。

年齢に合わせて好みが変わるからと理由で、何年目という節目のタイミングで指輪を買い替える方はいらっしゃいます。
1本目はシンプルに2本目は華やかなデザインを選ぶなんてこともできます。
この方法なら、子育ての時期はシンプル指輪なので子供に傷をつける心配もなく、子育てが一段落した年齢で好きなデザインの指輪を選ぶことができます。

まとめ

結婚指輪をシンプルにして後悔する?という疑問と今から買う方には後悔を回避する方法をお伝えしました。

結婚指輪は一生物です。

選ぶときはシンプルがいいと思っていても、環境によっては考えが変わることがあると思います。
購入前に後悔ポイントを知って、後悔ポイント回避できる方法を知っていれば安心ですよね。

この記事を読んで、お2人の素敵な指輪がみつかることを応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事