【さすがにありえない】スワロフスキーの婚約指輪|残念すぎる男性の勘違い

男性にとっては初めて婚約指輪。
「彼女の好きなブランドをプレゼントすれば、きっと喜んでくれるはず!」
という思いから、彼女が好きなスワロフスキーの婚約指輪はどうか?という知恵袋の投稿がありました。

婚約指輪について質問です。
私の彼女はスワロフスキーがとても好きなので、エンゲージリングをスワロフスキーで用意しようと思っていたのですが、女性の友人に相談したところ

「ガラスって割れやすくて縁起悪くない?
もっとちゃんとした高いのにしなよ、私だったらその方が嬉しいし」

ガラスは縁起の悪いものなのでしょうか?

男性にとって、婚約指輪選びは未知の経験でしょう。

「彼女が好きなブランドなら、きっと喜ぶに違いない」

という気持ちは、ある意味とても尊いものです。

しかし、婚約指輪にスワロフスキーはさすがにありえないです。

決してスワロフスキーがダサいわけではなく、むしろ上品な雰囲気がありながら手の届かない価格ではない、女性からも人気のブランドです。

ただ、男性からすれば「スワロフスキー=ティファニーのような海外高級ブランド」というイメージの人が多いのです。

これから婚約指輪選びに悩む男性に向けて、スワロフスキーがふさわしくない理由をお伝えします。

スワロフスキーは婚約指輪のブランドではない

スワロフスキーが婚約指輪としてありえないのは、価格帯が全く違うブランドだからです。

婚約指輪の平均価格は36万円

2020年ゼクシィ結婚トレンド調査によると、婚約指輪の平均相場は35.7万円

出典:2020年 ゼクシィ結婚トレンド調査 p69 全国平均

「婚約指輪は月給の3ヶ月分」というフレーズを信じていた男性にとっては、思ったより低いと感じるかもしれません。

しかし「婚約指輪は月給の3ヶ月分」という言葉は、指輪を売りたいメーカーが勝手に作った宣伝広告です。
昭和〜平成初期のバブル時代まではよく耳にしましたが、令和の現在では大きく変わってきています。

スワロフスキーの指輪は2万円程度

綺麗なガラスのデザインが人気のスワロフスキーの指輪ですが、価格は¥5,000〜¥30,000です。

価格の違いからわかるように、スワロフスキーは「高級感のある、ややカジュアルなアクセサリーブランド」です。
一般的な婚約指輪のように、プラチナの地金にダイヤモンドが埋め込まれた指輪ではありません。

プロポーズリングなら大正解

決して、スワロフスキーの指輪がダサいというわけではありません。
フォーマルな上品さがありながら、決して手の届かない価格ではないのが人気の理由で、スワロフスキーが好きな女性も多くいます。

ただし、あくまでカジュアルなアクセサリーとしてのブランドの立ち位置。
人生に一度きりの婚約指輪としてプレゼントするには、ふさわしいとは言えません。

ベストアンサーに選ばれている回答の通り、もしスワロフスキーの指輪をプレゼントするならば

  1. プロポーズ用の指輪として、スワロフスキーの指輪をプレゼントする
  2. OKをもらった後で、婚約指輪を一緒に選ぶ

という流れでスワロフスキーの指輪をプレゼントすれば、とても素敵なプロポーズになると思います。

「今はダイヤが買えないけれどいつかは本物のダイヤを買ってあげるね」
とかで渡すならありえますが

「君が好きなスワロフスキーにしたんだよ」
って渡されたら泣きますね。

心のなかでは「この人 何にもわかってない!」って絶叫しながら。

お友達もやんわり、本物のダイヤにしたらと忠告されたんだと思いますよ。

それにここで何度も男性がエンゲージ選びを相談されていて、皆さんが一様にお答えになっているのは

『エンゲージリングは彼女と一緒に選びましょう』ということです。

ドラマなどでパカっとケースを開けてリングを見せながらプロポーズに感化されてる男性が世の中には多いようですが、あれはドラマの中のお話。
実際は女性にだって好みもあれば婚約指輪への憧れや夢もあるんです。
気に入らないものを貰って着けないままタンスの肥やしにしてたり、リフォームしたいとここで相談されたりもザラにございます。

スワロフスキーのリングを用意されてプロポーズなさって
「本当のエンゲージリングは一緒に選ぼう」と言われたら、彼女さんは泣いて喜ばれるでしょう。
そのような仮のプロポーズ用リングを用意してるお店もございます。
それが一番よろしいかと思いますよ。

令和時代の婚約指輪は二人で選ぶ

婚約指輪はサプライズプロポーズで渡すイメージが強いかもしれませんが、実際のところは二人で選ぶカップルが増えています。

婚約指輪の決定者

データ:ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ

昭和の時代までは、ダイヤの大きさくらいしか婚約指輪の違いがなかったので、「ダイヤが大きければ良い」という風潮がありました。

しかし平成や令和では、指輪のデザインや素材も様々なバリエーションがあります。
女性の好みは人それぞれですし、カップルの価値観もさまざまなため、婚約指輪なしを選ぶカップルも増えています。

スワロフスキーが好きな彼女さんも、きっと「婚約指輪ならこのデザイン!」という好みがあるかもしれません。

二人でよく話し合って、後悔のない婚約指輪を選んで欲しいと思います。

理想の指輪選びではたくさん試着を

いざ指輪を選ぶときに

「どんなブランドやデザインが似合うかわからない」

と迷ってしまいますよね。

指輪はいろんな種類があるので、悩んでしまうのは当然です。

まだ自分の理想が固まっていない方は、とにかくいろんなブランドやデザインの指輪を試着してみるのがおすすめです。

試着を繰り返すうち、「私にはこれしかない!」と思える指輪がきっと見えてきます。

たくさん比較するときのコツは、お店を事前予約しておくことです。

予約をしておくと

  • 事前に指輪を用意してくれるので、試着時間がたっぷりある
  • 混雑する人気店でも待ち時間がなく、スケジュールが立てやすい
  • 経験豊富なスタッフが対応してくれるので、自分の好みを引き出してくれる

などのメリットがあり、理想の指輪に巡り合いやすくなります。

予約せずにふらりと行く人が多いからこそ、予約した人だけに特別な対応をしてくれる店舗も多いです。

なお、予約するならハナユメから予約するのが一番お得でした。

来店すると7,000円分の電子マネーギフトがもらえるだけでなく、店舗オリジナルの特典も受け取れます。

ハナユメキャンペーン

アンケート回答 + 試着写真の撮影が条件ですが、指輪を購入しなくても全員もらえます。
逆に言えば、予約せずに来店してしまうと後からでは7000円の電子マネーがもらえません。

カルティエやティファニーなどのハイブランドは対象外ですが、国内ブランドも候補に入っている方は、来店前に予約しておくと良いでしょう。

\待ち時間なし&たくさん試着できる/

(購入しなくても特典がもらえます)

人生で一度きりの指輪選びなので、せっかくならいろんなブランドの店舗巡りも楽しんじゃいましょう。
ぜひいろんな指輪を試着して、素敵な指輪が見つけてくださいね。

おすすめの記事