結婚指輪を安く済ます方法と妥協してはいけないポイント

結婚指輪は一生モノですが、予算に限りがあり少しでも価格を抑えたい方もいらっしゃると思います。
この記事では、結婚指輪を安く済ます為の方法、結婚指輪を安く買うためのお店選び、結婚指輪選び妥協してはいけないポイントをご紹介します。

この記事を読めば、「安いからこの指輪で妥協した。」ではなく、「安いけど気に入ってこの指輪にした。」という思いで結婚指輪を選ぶことができます。

結婚指輪を安く済ます方法

結婚指輪を安く済ます方法は4つあります。

  1. 結婚指輪を買わない
  2. 欲しい人だけ買う
  3. どちらかの指輪の価格を大きく下げる
  4. 安いブランドを探す

それぞれのポイントをご説明します。
2人でこの4点について話し合い、納得のいく答えを出しましょう。

1.結婚指輪を買わない

2人とも指輪に興味がなく、つける習慣もない方は結婚指輪を買わないという選択があります。
お仕事柄つけることができない方もいらっしゃいますので、買わないという選択は少なくありません。
頻繁に指輪を付け外しされる方は紛失するリスクもあるので一考の余地はあるかと思います。

2.ほしい人だけ買う

パートナーが指輪を不要な方、付けることができないお仕事の方はこの選択肢があります。
せっかくなので、結婚指輪を買うというイベントはしたいけど、2人の指輪を買うのは勿体ないという方はこの方法はいかがでしょうか?

3.どちらかの指輪の価格を大きく下げる

どちらかが指輪に興味がないけど、せっかくの機会なので指輪を買いたい方もいらっしゃいます。
その場合、興味がない方はステンレス素材の指輪を選び、結婚指輪が欲しい方はパートナー分の予算をこちらに入れて気に入った指輪を買うことができます。
予算の関係上、指輪は欲しいけどプラチナの指輪を2本買うと予算がオーバーする方はこの方法なら予算内に抑えることができます。

4.安いブランドを探す

お2人とも指輪をつけるご予定で、予算が少ない場合は安いブランドを探すことをお勧めします。

Serieux(セリュー)というブランドのアンゼリカでは1本で33,000円(税込)で結婚指輪を購入することができます。

素材はPTとK18(プラチナとゴールド)を使用してこの価格です。
プラチナとゴールドを使っている中ではかなり値段が抑えられているブランドです。
結婚指輪のブランドでも様々なブランドがあるのでぜひ店舗を回ることをお勧めいたします。

結婚指輪を安く買いたい場合のお店選び

結婚指輪を安く買うためにはお店選びが重要です。
どういったお店がいいのかお店選びのポイントを3つご紹介します。

結婚指輪専門店で買う

結婚指輪専門店で、様々なブランドを取り扱っているセレクトショップがあります。
ティファニーやブルガリなどの直営店でしか販売できないブランドはありませんが、この店舗でしか取り扱いのないブランドがあります。
予想していた値段より安い場合があり、素材は結婚指輪で使っている素材のみを取り扱っているので安心して選ぶことができます。
さらに、自社工房がある店舗の場合はアレンジの幅が通常の販売店舗より広いのでお勧めです。
結婚指輪の専門店なので、メンテナンスの種類や素材の安心感は一番あります。

ジュエリーショップで買う

ジュエリーショップでも結婚指輪を購入することができます。

ジュエリーショップの場合は定期的にキャンペーンをしているところもあるので、キャンペーン期間中ならお値段を抑えて購入することができます。
アウトレットのジュエリーショップも更に値段が安く済むので、一度見に行くのもよいでしょう。

メッキ加工の注意点と見分け方
ジュエリーショップやアウトレットではメッキ加工がされている指輪が販売されている可能性があります。
メッキ加工の指輪は、使っているとメッキがはがれて違う金属の色になります。見分け方としては、指輪の内側の刻印をチェックします。
K18GPやPT900PPなどK18やPT900の後ろに2文字以上の刻印がある場合はメッキ加工されているので、セレクトショップ以外で結婚指輪を購入する場合、内側の刻印は必ず確認してください。

ネットショップで買う

指輪のサイズを把握している場合は、ネットショップなら安く購入できます。
シンプルなデザインを選ぶ場合は実物とのギャップも少ないので、ネットショップでの購入も検討の価値アリです。

ただ、実際の店舗がないので、特に口コミは注意してみてください。
高評価のみでコメントがない場合は、避けた方がよい場合もあります。

妥協してはいけないポイントは素材と購入場所

安い結婚指輪を選びで、妥協してはいけないポイントは「素材」と「購入場所」です。

特に素材が一番価格に影響しますが、だからこそ妥協してしまうと後々トラブルになる可能性があります。
お2人の予算に合わせて素材を選ばれるとよいでしょう。

錆びにくく変色しにくい素材を選ぶ

結婚指輪でよく使われている素材は

  • プラチナ
  • ゴールド
  • チタン
  • ステンレス

この4つです。

この4つの素材は錆びづらく、変色も起こしにくいので日常使いにふさわしい素材です。
プラチナ・ゴールドではPT900とK18がよいでしょう。

PT900やK18の意味
PT900はプラチナの事で、PTはプラチナをさし、900はプラチナが90.0%配合されているという意味です。
K18はゴールドの事で、Kはゴールドをさし、18はゴールドが75.0%配合されているという意味です。

プラチナ・ゴールドは純度99%で指輪を作ることができますが、純度が高いと柔らかく変形しやすいので、PT900やK18の配合で作り強度高めています。

金属アレルギーが心配な方はチタンかステンレスを

金属アレルギーを持っている方はチタン、もしくはステンレスを選ぶと良いでしょう。
チタンは医療用に使われるほど人間の体と相性がいい素材で、金属アレルギーの方のほとんどがチタンを選ばれます。
ステンレスも比較的アレルギーになりづらく、プラチナ・ゴールド・チタンより安価で購入できます。

PT900やK18も金属アレルギーになりづらい素材ですが、心配な方はお店の方と相談しましょう。
アレルギーが出ないかどうか、アレルギーテスト用に指輪を貸し出してくれるショップもあります。

購入場所はアフターケアの手厚い専門店で

結婚指輪を購入場所は、可能であれば結婚指輪専門店が良いでしょう。
様々なブランドがあるのはもちろん、変形直し・サイズ直しなどのアフターメンテナンスが充実しています。

専門店の場合、同じデザインでPT900(プラチナ)からK18(ゴールド)に素材を変更することができ、ゴールドはピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールドなど肌にあう色を選ぶことができます。
プラチナよりゴールドの方が価格が低いため、素材を変更することで価格が安くなることもあります。

せっかくの結婚指輪ですので、専門店を一度訪ねるのはいい思い出作りになるのではないでしょうか?

理想の指輪選びではたくさん試着を

いざ指輪を選ぶときに

「どんなブランドやデザインが似合うかわからない」

と迷ってしまいますよね。

指輪はいろんな種類があるので、悩んでしまうのは当然です。

まだ自分の理想が固まっていない方は、とにかくいろんなブランドやデザインの指輪を試着してみるのがおすすめです。

試着を繰り返すうち、「私にはこれしかない!」と思える指輪がきっと見えてきます。

たくさん比較するときのコツは、お店を事前予約しておくことです。

予約をしておくと

  • 事前に指輪を用意してくれるので、試着時間がたっぷりある
  • 混雑する人気店でも待ち時間がなく、スケジュールが立てやすい
  • 経験豊富なスタッフが対応してくれるので、自分の好みを引き出してくれる

などのメリットがあり、理想の指輪に巡り合いやすくなります。

予約せずにふらりと行く人が多いからこそ、予約した人だけに特別な対応をしてくれる店舗も多いです。

なお、予約するならハナユメから予約するのが一番お得でした。

来店すると7,000円分の電子マネーギフトがもらえるだけでなく、店舗オリジナルの特典も受け取れます。

ハナユメキャンペーン

アンケート回答 + 試着写真の撮影が条件ですが、指輪を購入しなくても全員もらえます。
逆に言えば、予約せずに来店してしまうと後からでは7000円の電子マネーがもらえません。

カルティエやティファニーなどのハイブランドは対象外ですが、国内ブランドも候補に入っている方は、来店前に予約しておくと良いでしょう。

\待ち時間なし&たくさん試着できる/

(購入しなくても特典がもらえます)

人生で一度きりの指輪選びなので、せっかくならいろんなブランドの店舗巡りも楽しんじゃいましょう。
ぜひいろんな指輪を試着して、素敵な指輪が見つけてくださいね。

おすすめの記事